乗り物BOX

アクセスカウンタ

zoom RSS 京浜急行電鉄バス、三菱K-MP118NとP-MP118N

<<   作成日時 : 2017/08/02 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

バスコレクション第22弾改造候補?

画像

画像

京浜急行(大森) M6218 三菱K-MP118N(三菱)

画像

京浜急行(大森) M6425 三菱P-MP118N(三菱)
 京浜急行の一般車のK-MP118NとP-MP118Nです。M6218号車の非公式側は、更新後でしょうか。改めて確認してみると、前面の運賃支払い方式の表示器は、神奈川中央交通とは大きさが違っていました。また京浜急行の場合、K-とP-では前扉の窓ガラスの位置が違います。


 バスコレクション第22弾のブルドックは、結構オークションで出品されていますね。ただし京浜急行バスにする場合は、手間がかかりそうです。

 
 今回のバスコレ第22弾は三菱車のみでしたが、事業者(エアロスターの方)にがっかりしてしまいました。私は、シークレットのセットになったものを購入して終了します。

 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京浜急行のブルドッグはなかなか出てこないので参考になります。
B35型の前扉のガラスは上寄りのものと中寄りの二種がありますが私は前者を三菱(自工)型、後者を呉羽型と呼んでいます。
神奈川県の事業者では圧倒的に呉羽ボディが多く、三菱自工ボディは京浜急行と東急ぐらいでしたから。
さて、本題ですが、京浜急行における謎の一つでもあるB35型の前扉のガラス位置を採用した基準ですが、私が調べた限りでは、羽横線用K-MP518Nの導入があった時期の一般車に呉羽型が採用されているようなのです。
従って81年下期、82年上期の大森と羽田にしか存在せず、この二期以外は三菱型のガラス位置のようです。
84年上期にも羽横線兼用車が導入されましたが、P-車は三菱型のガラス位置ですし。

余談ですが、都営や京阪のように呉羽ボディで上寄りガラスは見掛けますが、三菱自工で中寄りガラスは見たことがありません。
どなたか御存知の方はご教示願います。
POSEIDON
2018/01/02 21:56
POSEIDONさん、前扉のガラスの件は、そのようなことがあったのですね。
MP
2018/01/12 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
京浜急行電鉄バス、三菱K-MP118NとP-MP118N 乗り物BOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる