30数年ぶりに乗った、阪急7000系7001F(編成)

神戸線所属の7001F(編成) 昨年の10月のこと。この日は、特急運用についていました。30数年前を思い出しました。 屋根のアイボリーは、どうして塗ったのでしょうか?沿線住民ではないので、あまり言えません。 ピッカピカ! 30年前は、小窓はついていませんでした。現社章との組み合わせ。 …
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1999年度車、いすゞKC-LV280L(いすゞ・キュービック)

横浜市交通局(鶴見) 9-1520 いすゞKC-LV280L(いすゞ・キュービック) 横浜市交通局(鶴見) 9-1515 いすゞKC-LV280L(いすゞ・キュービック)  横浜市交通局のキュービックの最終年度車です。一時期の横浜市交通局いすゞ車の大型路線車は、鶴見と港北にしか配置されていませんでした。撮影時点では、そろそろ…
コメント:0

続きを読むread more

最近の相鉄バスの後部ステッカー

いつの間にか増えている、相鉄バスの後部ステッカー。ほかの事業者と共通のものもあります。 最近気が付いたのが『すり抜け』の件です。 40年ほど前は、停留場に停車中のバスの横をバイクがすり抜けて、事故を起こしたと聞いたことがあります。この対策で後部に『乗降中』の表示を付けた事業者が現れました。今回のステッカーは、…
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道新7000系の記録46(側面)

 とうとう、引退の時期が迫ってきたようです。撮影会は、このご時世だから事前応募制です。私は行きません。灰色に塗られていなければ違っていたかもしれません。 ドアとドアの間が3500㎜。 車端部分は、1900㎜。 ドア幅は、1300㎜。ただし、高さは1810㎜。  この寸法は国電101系以降の4扉…
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道新7000系の記録45

なぜか違うところがある、7751F。 7000系全体でも、7751Fだけは貫通扉がアルミ製です。 ほかの7000系や新7000系の貫通扉はステンレス製。 7751FのM車の床の点検蓋も、ほかの7000系とは違います。 床の点検蓋は、厳密には抵抗制御車の7000系とは形が違うが、新7000系…
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1989年度車、いすゞP-LV318K(アイケイコーチ・キュービック)

横浜市交通局(港北)9-1349 いすゞP-LV318K(アイケイコーチ・キュービック) 横浜市交通局(港北)9-1352 いすゞP-LV318K(アイケイコーチ・キュービック)  横浜市交通局のいすゞ車は現在は多数派になっていますが、昔は、限られた地区でしか見られなかった存在だったと思います。写真はP-の最終購入年度車…
コメント:0

続きを読むread more

そうにゃんから、おつかいを頼まれる(そうにゃん焼き)

このご時世、うちのそうにゃんは外に出ていません。そして、電車のドア上の表示に入り込みます。 そうにゃん「やっぱり顔は怖いにゃん」 そうにゃん「そうにゃんの新しい絵本は、買って読んだかにゃん?」 私「なんじかにゃじゃないだろ。これを読んだお姉さんたちは、やきもちを焼いてるぞ」 そうにゃん「二俣川、二俣川、そ…
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道新7000系の記録44

数世代前の旧塗装が残る、7751F。 7751Fは、中間に元クハが2両組み込まれています。 新塗装になってからは、あまり撮っていない新7000系。 この元クハの渡り板(正式名称不明)は旧塗装です。 この5000系に採用された塗装がまだ残っています。 20000系の増備で、まもなく見ら…
コメント:0

続きを読むread more

神奈川中央交通1998年度車、日野KC-HT2MMCA改(ブルーリボン)

かなち様の資料に基づき説明します。 神奈川中央交通 い81(伊勢原) 日野KC-HT2MMCA(日野・ブルーリボン)  神奈川中央交通全体で最後まで活躍した、伊勢原営業所のブルーリボンです。かつては神奈川中央交通でも、比較的容易にみることができた日野車。しかし、U-時代ぐらいに入ると、神奈川中央交通のブルーリボンはあまり…
コメント:2

続きを読むread more

横浜市交通局1999年度車、日野KC-HU2MLCA(日野・ブルーリボン)

横浜市交通局 9-3656(港南) 日野KC-HU2MLCA(日野・ブルーリボン) 横浜市交通局 9-3662 日野KC-HU2MLCA(日野・ブルーリボン)  横浜市交通局のブルーリボンでも最後の方の車両です。特に、9-3656号車は一番最後まで活躍した車両で注目されていました。同型車は1996年度に登場しました。
コメント:0

続きを読むread more

京王帝都電鉄バス、三菱MP117N(三菱旧車体)3ドア車

京王帝都電鉄 J3039 三菱MP117N(三菱旧車体)  かろうじて撮影に間に合った、京王帝都電鉄の三菱旧車体の長尺3ドア車です。当時でも、車庫で待機していることが多かったようです。やはり、当時まだ製造されていたMR系とは区別がつきずらいです。  この当時の多摩地区の京王帝都電鉄バスは、料金支払いは信用方式の前払い…
コメント:0

続きを読むread more

豊橋鉄道バス、三菱MP117N(三菱旧車体)

豊橋鉄道755 三菱MP117N(三菱) 豊橋鉄道752 三菱MP117N(三菱)  豊橋鉄道に在籍していた、三菱旧車体のMP117Nです。MP117系は1976年の登場で、その後三菱の名古屋工場製はブルドックになりました。このため旧車体は、両数は少なかったと思います。  後部ブレーキランプなどが、名鉄系を思わせる丸形…
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道新7000系の記録43

そっと覗いてみてごらん。 20000系の増備車が登場した今日この頃、たぶんまもなくお別れの新7000系。 外板を貼らず骨組みが露出しているので、新7000系は登場時に違和感を覚えた方も多いはずです。 ところで、特に塗装されたら目立たなくなったのが、車体下部の段差。オレンジの帯の下が、わずかにへこんでいます。…
コメント:0

続きを読むread more

川中島バス、三菱MR470後期(三菱)

川中島バス 三菱MR470(三菱)  川中島バスに在籍していた、三菱MR470の後期車です。元京阪バスです。エンジンルームの蓋など、一見するとMP117系と間違えそうです。MP117系と並行生産されていたからなのでしょうか。  かなりまとまった数の東京都交通局からの移籍組によって、元京阪バスのMR470は交代したようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

快速海峡

今頃どうして?トミックスが16番で50系5000番台(51系含む)を製品化。 ED79 13牽引の50系5000番台の快速海峡が蟹田に到着。模型的には手ごろな4両編成。 オハ50 5010 オハ51 5003 冷房改造後の姿。 オハフ50 5014   この撮影後、青森に戻る際の快速海峡…
コメント:0

続きを読むread more