相模鉄道バス1988年式、いすゞP-LV314L(富士重工・15型E)

画像

相模鉄道 2802(綾瀬) いすゞP-LV314L(富士重工・15型E)

画像

相模鉄道 2805(綾瀬) いすゞP-LV314L(富士重工・15型E)
 相模鉄道バスの富士重工15型Eのいすゞ車は、1988年式が最後でした。また1988年式より、後部バンパー上にブレーキ補助ランプが付きました。なお相模鉄道バスのブレーキ補助ランプは、三菱車(エアロスターK)とともにウインカー付でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

京急リムジンファン
2016年12月09日 22:17
こんばんは。
こちらの車両も懐かしいですね。
まだ、導入して間もない頃の撮影になりそうですね。
2800番台の富士5Eは、旭には在籍していませんでしたが、綾瀬の中での富士5Eの1988年式は貴重ですね。
2016年12月11日 21:46
こんばんは。2802号車は、2000年5月30日の撮影です。2805号車は、1991年9月22日の撮影です。1988年式のいすゞ車が旭に配置されていなかったのは、初めて知りました。
POSEIDON
2017年12月26日 06:34
1988年式は右側WB間のルーバーの枚数で冷房機のメーカーが判別できますね。
1枚は富士重工製で、関東近郊では他に東武鉄道(当時)ぐらいでした。
2枚はヂーゼル機器製で、こちらが大半でした。
2017年12月27日 23:05
POSEIDONさん、こんばんは。確かに、いすゞ車で富士重工製のクーラーを採用した例は、あまり見かけたことがありません。

この記事へのトラックバック