相模鉄道バス1990年式、いすゞU-LV324L(富士重工・17型E)

画像

相模鉄道(旭)2011 いすゞU-LV324L(富士重工・17型E)
 相模鉄道バスのいすゞ車も、1990年式(後期?)より排ガス規制により、形式の前がU-になりました。ぱっと見た感じではP-と違いが分かりませんが、よく見るとエンジンルーバーの形が違います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

京急リムジンファン
2017年06月06日 11:01
こんにちは。
こちらの車も懐かしいですね。
相鉄バスの62系統も当時の旭が担当してた頃も懐かしいですね。
車も、導入して間もない頃の撮影になりそうですね。
2017年06月06日 21:56
京急リムジンファンさん、こんばんは。2011号車は、1991年1月13日に撮影しました。3事業者が担当だった頃が懐かしいですね。
POSEIDON
2017年12月22日 22:46
新型式になって、それまで相鉄の路線バスでは使用を自粛していた排気ブレーキが付きました。
CJMやK-MPではレバーが外されていましたね。
比較的アップダウンが多い路線を多数抱える相鉄バスでは、排気ブレーキ無しでよく走るものだと感心していました。
2017年12月23日 22:27
POSEIDONさん、こんばんは。P-代のエアロスターに乗ったときの事、楽老峰の下り坂ですごくゆっくりとしたスピードで下った記憶があります。これも、ブレーキの関係だったのでしょうか?その時は確かにフットブレーキのみでした。

この記事へのトラックバック