中央西線の103系(AU75冷房改造車)

画像

窓更新、ドア更新車

画像

画像

クモハ103-75

画像

画像

モハ102-184

画像

側窓更新、ドア原型車

画像

クハ103-83
 お決まりの500番台ではなく、0番台のクハ103。

画像

モハ102-137

画像

モハ103-94

画像

サハ103-111


以下、側窓原型、ドア原型車

画像

モハ102-225

画像

モハ103-138

画像

サハ103-192

 今見るとJR東海時代の103系は、両数の割に細かい所でいろいろなタイプが在籍していました。正面の行先表示の字幕は、113系正面と同じものを103系の字幕に印刷したものに見えます。この頃は、正面の字幕は自動だったのでしょうか。
 あまり、JR東海時代の103系には興味はありません。興味があるのは、国鉄時代の中央西線の103系です。私は、新幹線の車内から名古屋駅外れの留置線に止まっていた103系の冷房改造車を見たことがありましたが、正面は無表示でした。その後鉄道ピクトリアルで冷房改造車も『中央線』の表示が貼られていることが分かりました。国鉄時代の中央西線の103系は、冷房改造車でも国鉄最後のダイヤ改正頃まで行先表示器は使っていなかったようです(側面のサボを使用)。ただし、鉄道ファン誌で、大阪緩行とそっくりな『普通』と表示された103系が載っていたときは驚きました。冷房改造車でも正面は手動式だったのでしょうか?





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック