相模鉄道バス1995年式、いすゞKC-LV380L(富士重工・17型E)

画像

相模鉄道 2511(旭) いすゞKC-LV380L(富士重工・17型E)

画像

相模鉄道 2507(旭) いすゞKC-LV380L(富士重工・17型E)
 相模鉄道バスでは、U-LV324Lの後継はKC-LV380Lになりました。アイドリングストップバスの表記も、今となっては懐かしいものになりました。走行音は、路線バスには似合わない迫力があるものになりました。車内は、若干ホイルベースが短くなったのを考慮したのか、中ドア横の座席が横向き2人掛けになっていました。

 上星川駅の待機場と西横浜営業所に一時期、このKC-LV380Lが止まっているのを目撃したことがあります。一時的な車両不足で西横浜に配置されたのでしょうか?



 

この記事へのコメント

京急リムジンファン
2019年06月19日 15:22
こんにちは。
こちらも懐かしい車両ですね。
2511号車が62系統に入って、車体も綺麗でしたが、こちらもまだ導入して間もない頃の撮影になりそうですね。
2507号車の隣にいる横浜市営バスの0-2628号車が三ツ境発着も懐かしいですが、こちらも2000年以降の撮影になりそうですね。
2019年06月21日 23:12
京急リムジンファンさん、だいたいその頃の撮影です。
POSEIDON
2019年07月09日 17:22
西横浜にはいすゞ車の配置は(一時的なものも含めて)なかったと思います。
運用の都合により待機していたのかもしれません。
もしくは定期の貸切運用があったりとか。
MP
2019年07月09日 22:39
POSEIDON さん、こんばんは。これは相当前の話で、しかも通勤途中の電車の車内から見たものです。上星川の待機場に止まっていたときに、思い切って電車から降りて状況確認すべきでした。

この記事へのトラックバック