小田急バス、いすゞKC-LV380N(富士重工・17型E)

FH010018_1.jpg
小田急バス(町田) 96F7153 いすゞKC-LV380N(富士重工・17型E)
 小田急バスのいすゞKC-LV系の中間尺車です。このF7153号車は、高出力エンジンを搭載していました。もともとKC-LV系は、迫力のあるエンジン音なのに、高出力エンジンはどんな音がしたのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

POSEIDON
2020年04月04日 01:42
町田と生田(現在の登戸)には7000代の高出力車が、吉祥寺、武蔵境、狛江には8000代の低出力車が投入されていました。
高出力仕様は深めの低音でしたよ。
他には横浜市営の97年度のKC-LV280Qと2000年度のKL-LV280N1ノンステが高出力仕様でした。
MP
2020年04月05日 21:15
POSEIDONさん、横浜市営の97年度のKC-LV280Qは乗車したことがあったのですが、高出力仕様というのは気が付きませんでした。