横浜市交通局1989年度車、日産ディーゼルP-U33K(富士重工・17型E)

FH000028 (2)_1.jpg
横浜市交通局(緑営業所川和派出所)9-4337 日産ディーゼルP-U33K(富士重工・17型E)
 横浜市交通局の日産ディーゼル車は、1999年度車より富士重工17型Eになり形式も変わりました。この年度も滝頭所属車は、車掌台付きのツーマン兼用車が導入されましたが、1両のみでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

POSEIDON
2021年06月19日 13:43
お久し振りです。
89年度の日デは導入が少なく、滝頭は機械式AT試験車のみ。画像の川和にはMTが9台と機械式AT試験車1台の計11台が短尺車。
磯子と金沢には標準尺の機械式AT試験車が1台ずつでした。
これは金沢シーサイドライン開業による金沢地区の路線再編で金沢の車を減車して磯子へ戻し、非冷房車を淘汰した為です。
MP
2021年06月19日 21:32
POSEIDONさん、こんばんは。
1989年度の日産ディーゼル車は、導入が少なかったですね。川和以外は、機械式ATの試験車のみだったのは気が付きませんでした。