テーマ:バス

相模鉄道バス1998年式、日産ディーゼルKC-UA460LSN(富士重工・17型E)

相模鉄道(横浜) 8802 日産ディーゼルKC-UA460LSN(富士重工・17型E)  相模鉄道時代の1988年式より、各メーカーのワンステップ車の導入が始まりました。なお理由は不明ですが、三菱車のみ1997年式からワンステップ車が導入されていました。  なお写真の8802号車は、例外的に横浜に配置されました。やはり予想どおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェイアールバス関東1985年式、日産ディーゼルP-UA32L(富士重工・15型B)

ジェイアールバス関東 M538-85472 日産ディーゼルP-UA32L(富士重工・15型B)  岡谷駅前で撮影した、国鉄バスカラーのジェイアールバス関東の大型車です。幸い番号と、手元にあった季刊バスジャパン(ジェイアール東海バス)より形式などが判明しました。サブエンジン式冷房車です。  私は、このほかに観光マスクの15型Bを撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武バス(軽井沢)1988年式、日産ディーゼルP-RM81G(富士重工・16型E)

西武バス(軽井沢)A8-777 日産ディーゼルP-RMG(富士重工・16型E)  西武バスの中型の長尺車は、当時は比較的少数だったようです。撮影当時の軽井沢の車両は、正面のみ行先表示器が取り付けられていたようです。なお数年後に発売されたバスラマ誌で確認してみると、登録番号は群馬から長野に変更されていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都市交通局(定観・おむろ)1985年式、三菱P-MP618P(西工)

非公式側のみ 京都市交通局 3688(定観・おむろ) 三菱P-MP618P(西工)  昔の京都市交通局と京阪バスは、路線系の下回りに車体のみ観光仕様にした定期観光バスが運行されていました。今思えば、乗っておけばよかったかなと思います。この定観用のおむろ号は、MP系の下回りにどう見てもハイデッカーの車体の組み合わせです。西工だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川中央交通1994年式、日産ディーゼルU-UA440LSN改(富士重工・17型E)

かなち様の資料に基づき説明します。 神奈川中央交通(大和・中山)や94 日産ディーゼルU-UA440LSN改(富士重工・17型E) 神奈川中央交通(大和・中山)や100 日産ディーゼルU-UA440LSN改(富士重工・17型E)  前扉に新ステップを装備した、U-UA440LSN改です。意外なことに、大和(中山に転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道バス1994年式、日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)

相模鉄道(綾瀬)8405 日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E) 相模鉄道(綾瀬)8406 日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)  相模鉄道の綾瀬営業所には、いすゞと並行して日産ディーゼル車が導入されていました。当時のいすゞ車はL尺車だったので、若干長い車両でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武バス(軽井沢)、日産ディーゼルK-U31L(富士重工・15型E)モノコック

西武バス A34 日産ディーゼル K-U31L(富士重工・15型E) 西武バス A997 日産ディーゼル K-U31L(富士重工・15型E)  まだ新幹線が開業する前の、軽井沢駅前で撮ったものです。なぜか、非冷房車です。また、側面の経由地表示器と後部行先表示器が付いていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1993年度車、日産ディーゼルU-UA440HSN(富士重工・17型E)

横浜市交通局(港北ニュータウン) 3-4385 日産ディーゼルU-UA440HSN(富士重工・17型E)  横浜市交通局のバスは一部を除き、1993年度車から側面の窓が、引き違い式(メトロ窓)に変更されました。1993年度車はツーマン兼用車が滝頭にも配属されましたが、外観からは判別ができなくなりました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜市交通局1991年度車、日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)

横浜市交通局(港北ニュータウン)1-4343 日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)  横浜市交通局のU-UA440は、1991年度から導入が始まりました。特に1991年度車のU-UA440LSNは、港北ニュータウンに24両が一挙に配置されました。ただし、港北ニュータウンへの中間尺車の配置はこれで終わりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相模鉄道バス1991年式、日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)

相模鉄道(綾瀬) 日産ディーゼルU-UA440LSN(富士重工・17型E)  相模鉄道時代に突如導入された、日産ディーゼル車です。中間尺車を採用しました。当初は、綾瀬のみでした。これが、相模鉄道初の日産ディーゼル車だったのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1989年度車、日産ディーゼルP-U33K(富士重工・17型E)

横浜市交通局(緑営業所川和派出所)9-4337 日産ディーゼルP-U33K(富士重工・17型E)  横浜市交通局の日産ディーゼル車は、1999年度車より富士重工17型Eになり形式も変わりました。この年度も滝頭所属車は、車掌台付きのツーマン兼用車が導入されましたが、1両のみでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日東交通、三菱K-MP118K(富士重工・13型E)

日東交通 三菱K-MP118K(富士重工・13型E)  かつて、多数在籍していた日東交通の富士重工13型EのK-MP118Kです。後部に行先表示器が付いていないタイプです。 日東交通 三菱K-MP118K(富士重工・13型E)  こちらは、公式側は撮っていませんでした。よく見ると、前面は大型の行先表示器が付いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1988年度車、日産ディーゼルP-U32KA(富士重工・15型E)

横浜市交通局(緑営業所川和派出所) 8-4321 日産ディーゼルP-U32KA(富士重工・15型E) 1988年度車より、新たに緑営業所川和派出所に日産ディーゼル車が配属されるようになりました。過去には日産ディーゼル車も配属されていたので、正確には復活でしょうか?なお滝頭所属車とは違い、ワンマン専用車です。 横浜市交通局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1987年度車、日産ディーゼルP-U32KA(富士重工・15型E)

横浜市交通局(滝頭) 7-4932 日産ディーゼルP-U32KA(富士重工・15型E) 横浜市交通局のP-U32Kは、1984年度から導入されていました。また細かいところでは、15型Eのスケルトン車体も1984年度車からでした。この車両も滝頭所属の特徴でツーマン対応車(中ドア後ろに車掌スペース付き)でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市交通局1983年度車、日産ディーゼルK-U31KA(富士重工・15型Eモノコック車体)

横浜市交通局(滝頭) 3-4883 日産ディーゼルK-U31KA(富士重工・15型Eモノコック車体) 横浜市交通局(滝頭) 3-4885 日産ディーゼルK-U31KA(富士重工・15型Eモノコック車体) 横浜市交通局の日産ディーゼル車は、1983年度車よりモデルチェンジ車の15型が登場しました。ただし、車体は従来型の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日東交通、三菱P-MP218K(富士重工・15型E)

日東交通 三菱P-MP218K(富士重工・15型E)  日東交通は、かつては富士重工製車体を好んで(?)採用していた事業者です。なお、この頃は中型車の新車がめだっており、大型のP-MP218Kは、あまり見かけませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野電鉄バス、三菱MR410(富士重工・13型E)

長野電鉄バス 三菱MR410(富士重工・13型E) 長野電鉄では、昔は富士重工製車体の三菱車を採用していました。非常口が車体中央に設置されている点が、当時不思議に思いました。前後扉を採用していたからなのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京浜急行バス1992年式、三菱U-MP218N(エアロスターK)スーパーワイドドア車

京浜急行バス(大森)M5266 三菱U-MP218N(呉羽・エアロスターK)  分社化後に撮影した、京浜急行バスのスーパーワイドドア車です。外観とは違い、車内は普通でした。後年、前面のバンパーがP-のものに替えられた車両がありました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京浜急行電鉄バス1991年式、三菱U-MP218N(エアロスターK)スーパーワイドドア車

京浜急行電鉄(大森) M5169 三菱U-MP218N(呉羽・エアロスターK)  京浜急行電鉄バスの中ドア両開きドア車です。大森は、長尺車がまとまって配置されていました。これも、3ドア車であることには変わりありません。これより前の世代はエアロスターMを導入していた京浜急行電鉄バス、どうしてエアロスターKに変更したのでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜市交通局1993年度車、いすゞU-LR332F(IKコーチ)

横浜市交通局(保土ヶ谷) 3-1410 いすゞU-LR332F(IKコーチ) 横浜駅西口発では大口循環線で活躍していた、K-CDM370の代替車です。先代に比べるとあまり目立たない存在でした。ただし、横浜市交通局の大型車ではメトロ窓を装備していた時代に、なぜかメトロ窓より見た目が良い逆T字窓を採用していました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more