テーマ:相模鉄道

相模鉄道7000系の記録65

西谷 下り新線を行く7000系。 和田町~星川  地上区間最終日の、星川2号踏切を通過する7000系。7000系は偶然の運用? 星川に停車中。 星川~天王町 天王町2号踏切を通過する7000系。  地上線から高架の天王町に進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年11月23日、相模鉄道和田町~星川(高架化前日)

思い出に変わった地上線 そのうち星川8号踏切ではなくなるのでしょうか。 横浜側。 星川7号踏切。 横浜側。 星川6号踏切。  横浜側。真ん中が上り高架新線への入り口。ここまでは踏切はそのままと思っていたら、この踏切も廃止されるそうです。 星川4号踏切。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道天王町駅(2018年11月25日・高架化翌日)

 上りホームの海老名側。  役目を終えた?旧上りホーム。  上りホームの横浜側。ゆるいカーブは、そのままなのでしょうか?  よく目立つ、新設の架線と旧線の架線。  天王町に進入する、20000系の急行横浜行。偶然でした。  下りホームの海老名側より、上りホームを撮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道星川駅(2018年11月25日・高架化翌日)

 このポスターは、うまい具合に合成しましたね。  このポスターで、もう一か所踏切が廃止されることが分かりました。  8000系が星川駅上りホームに進入。  星川駅上りホーム(海老名側)。  星川駅上りホーム(横浜側)。  横浜行のそうにゃんトレイン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年11月23日、相模鉄道天王町ホーム(上り線高架化前日)

砂利の袋でしょうか?  上り新線の上には、仮設ホームと思われるものが置いてあります。  一晩で、仮設ホームが取り付けられる上りホーム。  明日には新上り線の使用が開始されます。  役目を終える上り線を20000系が通って来ました。記念電車は運行されるのでしょうか?  私は都合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年9月9日、相模鉄道西谷

 工事が進んでいる、上り新線の架線が貼られ始めました。  旧ホームの盛り土が、盛大に掘り返されています。たぶん、重要な物は出てこないでしょう。  なぜか旧下り線は、線路の一部が撤去されています。  旧線の海老名寄りには、『これより先 留置線作業帯』の看板が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月29日、相模鉄道和田町~天王町

 星川第8踏切より、横浜側を撮影。背後は和田町駅です。  星川第7踏切より、横浜側を撮影。前方高架は横浜新道。  星川第6踏切より、横浜側を撮影。  上り高架入口が階段状になっています。  星川第4踏切より撮影。  こんな光景も、もうすぐ終わりです。8000系同士は、ラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月22日、相模鉄道西谷駅下りホーム位置変更

下りホームも、約1両分海老名側にずれました。 ずれた部分は、この当たりでしょうか。  今回役目を終えた下りホームの横浜側です。ただし、こちらも各停10両編成化の際に延長されたものなので、歴史はそれほどでもありません(それでも30年)。以上、上りホームより撮影。 今回新設された部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月16日、相模鉄道西谷付近(海老名側沿線)

 下り新線に向かう、新7000系が出てきました。 下り新線の帷子川橋梁を渡る8000系。  そのうち防音壁に囲まれてしまい、下り新線を通過する電車も容易には撮れなくなるでしょう。  なぜか、この日は新7000系に出会うのが多かった。  まさか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月16日、相模鉄道西谷駅(海老名側)

下り新線使用開始は、2018年7月15日。  まずは、下りホームより撮影。新線区間へ入る11000系。  上り線ホームの新幹線高架の足に、パネルが貼られています。正確には、足の周りに骨組みを囲んでいます。 1番線の工事進捗状況。  上りホームより、下りホームの新幹線高架の足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道7000系の記録64

西谷 こちら側も変わるのでしょうか?  残り2本になった7000系。旧クハの組み込み方が、まるでかつて7両編成時代の見本のような状態になっています。編成写真もきちんと撮っておきたいです。  現下り線と7000系の組み合わせを撮るのも、これが最後だと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月24日、相模鉄道西谷(海老名側)

 上り線と下り線の間に支柱が建ちました。  おそらく、数日後には下りホーム先端もカーブの付いたものになるでしょう。  いつの間にか、下り新線もここまでできました。  下りホームより撮影。  工事の進捗状況が速いと思います。ネイビーブルーに更新されない予定の9701Fが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道20000系の屋根上を観察

妻面と屋根カーブが違います。 パンタグラフ周辺。  クーラー。横のランボードの形が変わっています。他社でも、このランボードの採用例があります。 先頭部。  パンタグラフ横のランボードも、私たちの常識を覆す形をしています。  模型化不可能なクーラー。オリジナルでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道7000系の記録63

天王町1号踏切 もうすぐ来ると思ったら来ました。 この風景も今秋までです。 天王町 やはりこちらの方が、顔はいい。  近い将来、屋根に覆われるので、このような写真を撮ることは難しくなりそうです。 西谷  悲しいことに、クリアラッカーが剥がれています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月3日、相模鉄道西谷駅(上りホーム移動)

上りホームは、20mほど海老名よりに移動しました。 下りホームの海老名側も、屋根の骨組みが現れました。 下りホームも海老名側へ移設工事中です。  上りホーム海老名側から撮影。将来ダブルクロスになる部分が現れました。 同じ場所から横浜側を撮影。  上りホームの横浜側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道100歳の年だから、廃駅跡を訪ねてみた(二ツ橋駅跡)

鉄道ピクトリアル1999年7月増刊号『特集 相模鉄道』を参考にしました。 たぶん、この空き地は関係ないでしょう。 そこへ20000系が通過していきました。  ここが二ツ橋駅があった所らしいです。以上山側からの撮影。  本当に、この付近に二ツ橋駅があったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月6日、相模鉄道星川~天王町(上り線)

星川駅仮駅舎(山側)。 天王町3号踏切より海老名側を撮影。 天王町3号踏切より横浜側を撮影。  天王町3号踏切の高架は、ただ今鉄板で覆われています。 天王町2号踏切より海老名側を撮影。 天王町2号踏切より横浜側を撮影。  片側だけで4本の遮断機がある、天王町2号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月6日、相模鉄道和田町~星川(上り線)

星川6号踏切より横浜側を撮影。 星川5号踏切より横浜側を撮影。 星川4号踏切より海老名側を撮影。 星川4号踏切より横浜側を撮影。  黄色いものは、高さ制限用のバーを取り付けるためのものか?  星川4号踏切にて、今秋には見られなくなる光景。 星川3号踏切。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月4日、相模鉄道西谷

 上りホームの海老名側には、屋根が設置されました。 ネイビーブルーの綺麗な撮り方は? 移設用のホームが、下り線にも現れました。 白線の無くなった下りホーム。 下りホームの新設部分。 下り1番ホームの線路の設置状況。  上り線の海老名側では、ポイントの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年4月8日、相模鉄道天王町(海老名側)

ようこそ!天王町駅へ!  今は相模鉄道で最多形式の8000系。8000系も、16番で製品化してほしいです。もちろん組み立てやすいキットで。 ネイビーブルーに更新されない予定の9701F。 久しぶりです。  以上、上りホームから撮影。いつの間にか上り線の工事も、かなり進んでします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道7000系の記録62

西谷 新線区間を通って来た7000系。 見た感じでは、カーブはきつく感じられます。 貫通扉の塗装は、全体補修しないのかな? 西谷~鶴ヶ峰 新線区間に進入した7000系。  渡り板の塗装がグリーン(新6000系以前の旧塗装車と同じ)ではなく、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道、新7000系の記録39

西谷~鶴ヶ峰  上り新線を走行する新7000系。これだけ曲線になっても、乗車中は旧線時代とそれほど変化がありません。 西谷  西谷に進入する新7000系。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道7000系の記録61

西谷 クリアラッカー仕上げのアルミ車体が光っています。 塗装が剥げて補修をした貫通ドアは痛々しい。 新線に試運転列車が走るまで、残ってくれるでしょうか。 鶴ヶ峰 やがて地下駅に生まれ変わる予定の橋上駅舎と一緒に撮影。 引き寄せ過ぎました。  カツミさん、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年3月4日、相模鉄道西谷(海老名側)上り新線使用開始

驚きました。  これを撮るのに一苦労しました。次客2名と先客1名(それぞれ別の時間帯)が来られたので、かなり待ちました。これを撮る物好きは私だけです。  なかなか良い色を撮らせてくれないネイビーブルーの9000系が通過します。カーブがきつく見えますが、速度は変わりが無さそうです。乗っていても、そんなに感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道20000系

西谷 数年後は、隣の4番線にも入ることでしょう。 鶴ヶ峰  真ん中のライトは標識灯。急行運用などのときに使うと、昔の通過標識を思い出します。  車体は、日立の標準的なアルミ車体ですね。窓のグリーンは相当濃いです。冷房装置は、更新予定の8000系に使うものと同じでしょうか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年2月18日、相模鉄道西谷

 ネイビーブルーに改造されない予定の9701Fが通過しました。  横浜方面ホームの海老名側では、屋根の設置工事が始まりました。  そうにゃんの分身が西谷を出発しました。工事個所は白い囲いがしてあり撮影不可です。以前、跨線橋を登ってコンデジで撮影を試みたことがありましたが、いい結果はでませんでした。横浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模鉄道10000系、前面の連結器はどうなる?

趣味的には、興味が無い10000系。  さすがに次世代車と言われただけあって、空調(特に冬)は良いですね。  JRとの直通運転開始時に、前面の連結器はどうなるのでしょうか?密着連結器を付けている姿も見てみたい気もします。  ある関西の名門大手私鉄は、他社と相互乗り入れを行う際に、支線を除いて連結器を交換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more