テーマ:小田急電鉄

小田急電鉄8000形界磁チョッパ車

 小田急8000形の界磁チョッパ車が、2本あることは知りませんでした。隣は、インバーター改造された8000形です。  今度、じっくり記録をしてみようと思います。  16番のプラ製鉄道模型は、なんでロマンスカーにしたのでしょうか?やっぱり全国的に知名度が高く、売れるのはロマンスカーだからでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急7000系LSEが、海老名でお昼寝中

朝のラッシュが過ぎた頃 はるか彼方でお昼寝をしていたLSE。  パンタグラフは上がっていました。このあとすぐに3000系が入って来ました。やっぱり、LSEはかっこいいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急電鉄2600形保存車、その3(辻堂海浜公園)

車体側面 数年前とは比べ物にならないくらい、老朽化しています。  車体中央のユニット窓。最近は16番真鍮製キットの103系などでも、この表現がされていますね。 車端部のユニット窓。  戸袋窓のHゴム。103系とは違って、一段引っ込んでいます。Hゴムは、車体と同じ位の高さです。自作で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急電鉄、急行新松田ゆき

 急行新松田ゆきの表示に、一瞬目を疑ってしまいました。私自身は、小田原線の急行は小田原ゆきが常識と思っていました。 新松田で各停小田原ゆきと接続しているようです。 意外と多い新松田ゆき。 来たのは、8000系(もちろん更新車)の急行新松田ゆきでした。 小田急8000系(原型車)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急の海老名車両基地にて

あれこれ説明は抜き。本日のファイナルイベントに行きたくなってしまいました。 小田原寄り先頭車の5163号車 こんなに撮れるのはこれが最後。 ステッカーのアップ。 5000系更新後の窓の様子。 5063号車新宿側先頭車。やっぱり、5000系ではこの編成が最後まで走りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送別、小田急電鉄5200系

5000系よりも後に登場した5200系。正確(法規的)には5000系でしょうか?装置などは5000系と同じで、6両編成になりました。側面は、9000系と同じ一段下降窓を採用しました。車体の幅は5000系と同じです。まさか、5000系より先に引退するとは思いませんでした。 5255編成4両編成 クハ5255 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送別、小田急電鉄5000系

小田急の5000系は順次引退が始まっていた時期でしたが、この頃はまだ待てば結構来ました。後から気づきましたが、撮り方が悪くて、この画像からは1次車と4次車を見分けることができません。 (1次車) クハ5053 デハ5003 デハ5103 1次車は、登場時は冷房が搭載されていませんでした。そのため扇風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more