窓サッシのバリ取りほか、【でんてつ工房】相模鉄道5000系キットの組み立て(その4)

画像

画像

2連窓は左右、車端の窓は上下にバリがあります。

画像

足りないことに気が付いて、神田のでんてつ工房へ取りに行った時の物は真鍮製でした。

画像

 ハンダ付けをすればこんな感じになります。窓も一緒に塗装をするように設計されています。「普通は窓ガラスと一緒に貼り付けだよね」と思いますが、7000系などと違って5000系と2100系は細かく見れば、でんてつ工房製品ならサッシの細かい表現はあった方がいいかもしれません。

画像

 車両によっては、種別表示窓と干渉するところもあります。

画像

 干渉するところは、各自で削ることになっています。画像では部分的に削っていますが、最終的には端まで削りました。

画像

画像

 車端の窓は上下にバリがあり、いい気になって削っていたら2枚ほど、少し曲がってしまいました。素人対応としてベーク板に挟んで、小型万力でゆっくり押さえながら調整しました。たぶん、でんてつ工房にも在庫は無いでしょう。

 そうにゃんからの恐ろしい指示は、以外と早く済みました。ええ、先走ってハンダ付けをしたものを取り外して、ハンダで埋もれたサッシの細かい表現など、ハンダ吸引線で処理をした時間を除けば…。



序章
その1
その2
その3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック